FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯島 I邸の庭(2) オリジナル立水栓

朝吹さんからの「既製品でない立水栓を」とのご注文で、
 建築物やルーバーフェンス・水栓脇がウッドデッキであることから、それらに兼ね合う素材のものを考えました。

静岡に赴き、そこでヒノキ材を選んで加工し、
   防腐処理に関しては中川建築さんに液体ガラス塗布処理をしてもらいました。
立水栓加工木楽庭
 



現場にて立水栓の立て込みの最中です。

 造園立水栓31

立て込みの位置が決まっており、下地がルーバーフェンスのL型基礎であったのと土厚が薄いことから(約10cm)、L型のステンレス金具で立水栓を固定しました。

 ルーバーフェンスがバックにあるので、垂直に立てることに気を遣いました。
 この段階ではまだ、立水栓裏側の欠き込んだ部分は化粧をしていません。
真鍮製の蛇口を取り付け、その後に同じ材のヒノキを埋め込みました。



立水栓は防腐加工処理を施していますが、水場ゆえに限度があると思えたので、
周囲に砂利を入れ水切れがよくなるようにしました。

造園立水栓312
 庭の使い勝手も考慮し、人が通れるようにあまり大きくない水受けにし、自然排水となっています。
 土厚の関係上、乾燥が予想されたので植物が枯れると悲しいから、潅木類はあえて植えていません。
 (潅木類を実生させれば不可能なことではないですが・・・)



造園立水栓311

お住まいになる方と色々お話した中で、和の雰囲気がご希望のようでしたから、
季節柄、花の咲いているスイセンもアクセントとして植えています。

 蛇口から弱く水を出した時には、庵治石の皿状部分の中央に水が落ちるように調整して据えました。

仕上がりは木楽庭のホームページをご覧下さい。
スポンサーサイト

湯島 I邸の庭(1)

朝吹剛デザインアーキテクトさんからお庭の工事のご依頼を受けました。
 (ちなみに、朝吹さんのご自宅のお庭のメインテナンスも私はさせていただいており、デザインなどのお好みは何となく知っておりました)


 作庭前の状態です。

P1010490.jpg



建築・外構工事は、西東京の㈱山下工務店さんが施工していました。
 打ち合わせに何度か参加させていただきましたが、山下社長が朝吹さんと綿密に打ち合わせを度々おこない、
 紆余曲折しながらかなり丁寧に施工をされていたのが、建築後の状態を見た私にも分かりました。

 外構工事も様々な検討がされたようで、既製品ではないアルミのルーバーフェンスが造られたようです。
 庭の裏側が崖となっており、補強のため基礎が打設されていました。



作庭後です。

P1010495.jpg


朝吹さんのご希望とその後のメインテナンス性から、コウライシバ敷きでメインツリーはハイノキ株立です。
 (一見、シラカシ株立に見えますが・・・・、ハイノキは成長が遅いのです)

  この写真では見えませんが、庭の奥の部分、向かって右側にオリジナルの立水栓があります。



山下工務店さんが据え付けたオリジナルの金属製プランターに、「ブルー系・ホワイト系のカラーで」と
朝吹さんからのご希望により、既存の植物も利用し宿根草を含む季節の花の寄せ植えをしました。

 プランターは玄関扉の斜め前の位置にあり、扉を開けると見えるように設計されているようです。

P1010499.jpg

ウチのエボシカメレオン


コオロギいただきま~す(^^)な♀
  割と物怖じせず食欲旺盛な彼女。





おやすみなさいの♂
  食欲控え目で神経質な、少し年下の彼。
  ゲージ環境の改修をリクエストされているけど、なかなか手が回らないのでした(^^;)

プロフィール

木楽

Author:木楽
東京は麻布で、造園の設計・施工・管理をしています。
エボシカメレオンとカブトニオイガメを飼いながら、花々を楽しんでいます。
http://mokurakutei.com/
木楽庭のHP

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

奄美と写真と自然のお話&趣味の料理
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。